痛風の症状と治療について

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

5年前に、夫が朝からしかめた顔をしていたので様子を伺うと、

足の指の付け根と足のくるぶしが痛いといいました。

 

いつから痛いのかという問いには、今までも少し痛くなったかと思うと、

数時間後には治っていたそうです。

 

夫は長期出張で、食事も提供されていたので、

特にパンや麺類等を制限する事もなかったそうです。

それから、腎臓結石の為の薬を接種していたため、水分を多くとり、

排尿させる治療もしているところでした。

 

これは痛風だと、本人もわかっていたのですが、

特に今まで治療をする程の事もありませんでした。

しかし今回はかなりの激痛で、だんだん歩くのも辛そうに見えてきました。

 

すぐに病院に行こうということで、車に乗る頃には足をあげるのも痛くて

ガマンするのが必死の様子でした。

 

病院について私の肩に寄りかかりながら歩くのですが、

がっちりしている夫を支える事は無理なくらい、自分自身を支える事ができなくなっていたので、

車いすを借りてきて、初めて夫を車いすにのせて病院の中に入っていきました。

 

病院から痛風発作予防薬としてコルヒチンを処方されました。

それから3日程は痛みが残りましたが、だんだんその症状も和らいでいきました。

その後も2週間置きに発作が起きそうになりましたが、その間隔もだんだん伸びていきました。

しかし、今でも薬は常備しています。

 

原因はいろいろありますが、ストレスからくる事もあるとの事です。

長期出張でストレスがたまっていた事は確かです。

仕事のストレスは痛風の大敵のようです。

 

それから、食事も気をつけなくてはいけないとの事です。

食パンなどにグルテンが多く含まれていますが、

グルテンは痛風には良くないと聞いた事があります。

その他にもホットケーキ、パスタ、ピザ、ケーキ、クッキー、ジャンクフード等、

摂取を控えるとダイエットにもなるものばかりです。

ですから、グルテンフリーの食品をなるべく摂取するようにしています。

 

それから、プリン体の多い食事や飲み物も控える必要があるようです。

しかし、これはいろんな食材に含まれているので、正直、完全に取らないのは難しいです。

幸い、夫は魚介類はあまり好きではないので、その点は良かったです。

 

それから痛風は遺伝もあるかもしれません。

義理の姉は、小麦粉アレルギーなのですが、グルテンを殆ど取らない食生活です。

これらを摂取すると腸の調子が悪くなるそうです。

痛風にはなった事はないようですが、無意識のうちに体が痛風にならないように

コントロールしているのかもしれません。

 

痛風は、一番大切なのは生活習慣の見直しと適度の運動が最も重要となります。

そして痛風が発症しそうだなと感じたらひどくなる前の段階で薬を用いて予防しています。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL