痛風を持つ方へ向けてのアドバイス

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

私は30歳で痛風発作が出ました。

血液検査をして尿酸値が9を超えており、主治医にどこか痛くないか?

と聞かれ、そういえば手首と足の甲が痛いと答え、痛風発作と診断されました。

 

治療ですが、投薬治療です。

リボールと言う薬を飲みました。

リボールを1年半ほど飲み手首や足の甲の痛みが全くなくなったので、

主治医からもう飲まなくても良いと言われ、服薬をやめました。

 

服薬をやめてもう2年ほどになり、血液検査をしたら尿酸値は以前と高く8でした。

しかし、痛風発作は出ていないので、薬を飲む必要はないとのことでした。

 

痛風のしくみですが、血液中の尿酸値の濃度に依存しています。

この尿酸値ですが、食べ物によるものでは無いです。

実際に食べ物による尿酸値の変化は2割ほどしか関係していません。

のこり、8割は自分の体で尿酸を作りだしていますので、食べ物を気にする必要は特にありません。

結局薬で治すしかないのですが、痛みが無くなれば薬を飲む必要はありません。

 

私は痛風発作がおきてから4年経ちますが、相変わらず尿酸値は高いですが、薬は飲んでいません。

尿酸値を下げるにあたってどうしても薬に頼りたくないのでしたら、適度な運動をするなどが効果的です。

体全体を健康にしていると尿酸値も高くなりにくいようです。

 

実際私が尿酸値9を越し、痛風発作になったときは過度の精神的ストレスに悩まされていました。

軽い運動でもしていたらストレスも少しは和らいだと思います。

ですが、リボールと言う薬は別に変な味がする薬でもないですし、高いわけでもないですし、

私的には飲んでても困ることはありませんでした。

 

痛風発作は一時出るもので、治るのも一時のものですので、

やはり、発作が出れば薬を飲む程度で考えておけばよいと思います。

因みに痛風になる人とならない人がいますが、これは、体質で、遺伝によるもので、

例えば私なら父からの遺伝です。

私の父は60歳から痛風発作が出ましたので、

私が30歳から痛風発作が出るのはずいぶん早い発症でしたが、

薬でどうにでもなるので気にしていません。

 

痛風の人が気を付けないといけない食べ物にプリン体がありますが、

はっきり言って食べ物による痛風発作は(血液中尿酸値濃度は)2割しか影響していませんので、

あまり気にする必要はありません。

かといって、あえてプリン体だらけの食べ物を食べることも無いと思いますが、

例えば、私はビールは控えて、チューハイやウイスキーを飲んでいます。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL