自己判断での薬の中止は禁物です

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

私は30歳前にして痛風と診断され、痛風とは20年以上の付き合いとなります。

私の痛風の経歴を綴りながら、何か皆さんの参考になるようなことがあれば幸いです。

 

初めて痛風発作が現れたのは、深酒をした翌朝でした

(当時は職場の仲間や同級生と毎週のように飲みに出かけていましたが、

献血や健康診断での血液検査では特に基準値を超える項目はなかったと記憶しています。)。

 

朝方、右足が冷えたような重いような何とも言えない感じがあり、

ベッドから降りて立とうとした時に激痛を感じ、倒れこむほどでした。

前夜は、かなり飲みましたので酔っ払って足に何か(ブロックの様な硬く重い物)

を落としたのだろうかと記憶をたどりましたが、全く記憶にありません。

 

しかし、その日は激痛に堪えて出勤しましたが、当然仕事なんてできるはずがありません。

早々に帰らせてもらい、痛風という病気のことも知りませんでしたので外科の病院に行きましたが、

「酔っ払って何か蹴ったりしたんんじゃないですか?」で終わりました。

その後痛みは3、4日で無くなりました。

 

「あの痛みは何だったのだろう?」という記憶だけは残りましたが、

痛風だということにはまだ気づいていませんでしたので、同じような生活を続けていました。

 

結局、その後一年以内に再度痛風発作が起こり、

親の知人から初めて「痛風」という病気の情報が入りました。

 

その時は大学付属病院に行き、血液検査をしたところ「間違いなく痛風です。」と診断され、

痛み止めの薬を処方されました。

 

次に軽い発作が出たのが職場で雪かきをした時でした。

同病院に行くと「急激な運動は尿酸値を上げる」そうで、

「雪かきなんてバカなことを」とまで言われました。

 

その後、健康診断の結果もどんどん悪化し、

中性脂肪・コルステロールも基準値を超え尿管結石もできるなど薬もどんどん増えて行きました。

 

痛風に関しては「ザイロリック(アロプリノール)」を処方され飲み続けることになりました。

その後も右足・左足と何度か痛風発作に見舞われ、そのたび食生活を見直そうと思うのですが、

はっきり言って食べられるものがなくなってしまうので、なかなかうまくいきませんでした。

 

そのうちに、中性脂肪やコルステロールを下げる薬は

効いているのか効いていないのか全くわかりませんでしたので、

通院の面倒くささと費用のことを考え、試しに薬を飲まなくしてみました。

これが尿酸値を上げてしまうことになったのです。

 

そして、最後の激痛の発作がやってくるのです。

それは、人事異動と昇格のあった4月の歓送迎会でビールばかり飲んだ(飲まされた?)翌日でした。

私の場合、食事の制限が難しいのでビールを控えていたのですが、この日は大失敗でした。

 

同じ右足の発作の局部が約一ヶ月の間に移り変わり、

痛みが治まりそうになると次の部分と、一周してしまいました。

アキレス腱の方に腫れが出た時は這って歩いていました。

それ以来、薬は飲み続けています。

 

教訓-勝手に薬はやめるべからず。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL