通風という名の嵐との出合い

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

はじめて痛風になったのは五年前。

その嵐は突然やってきました。

 

私は小学生の頃から食べるのが大好きな小太りで、

それが理由で野球のキャッチャーをやらされるという体格の持ち主。

その体型は変わらずそのまま、身長が伸びた状態で成長しました。

大学に入り酒を覚え、就職して働いてからも毎日欠かさず風呂上がりのビールを嗜んでおりました。

 

そんな32歳のある休日の夜、風呂あがりのビールを飲んだ後、

左足の親指に軽い痛みが走りました。

筋違いか、捻挫かな、骨にヒビでも入ったかな、などと思いながら血行が良くなるだろうと思い、

グリグリ何度も回したり、マッサージしたりしました。

 

痛みは治まることなくとりあえず、シップを貼ってその日は床につきました。

しかし、その数時間後寝返りと同時に目が覚めました。

 

「痛い!」

寝返りと同時に左足の親指をぶつけたようでした。

息もできないくらいの痛み。

 

六畳一間のベッドの上から、やっとで立ち上がり壁づたいに冷蔵庫まで行き、

氷を取り出しポリ袋に入れ、ベットに戻り足を冷やし、

一人孤独と闘いながら布団にうずくまり無我の境地に向かって目をつぶり、

ただただ時間が過ぎるのを待ちました。

 

眠れたのか眠れてないのかすらも分からず気がつけば夜明け。

しかし、そこには時間の経過などは意味がなく、

これからどうすればいいのか対処法も見つからぬまま、会社の出社時間となりました。

 

左足の親指の付け根の関節が赤くパンパンに腫れあがり、

足に振動が少しでも伝わるとピリッと痛みが走る。

 

今日は出社は無理だと判断し、会社に電話で事情を説明して、タクシーを呼びました。

靴下も履けずいつものスニーカーも履けず、呼吸を止めて痛みをこらえながら

素足にサンダルをかぶせるように無理やりはめ、タクシーに乗り込み整形外科へ。

 

骨にヒビが入ったり、筋違いがこんな痛みになるのだろうかと思いながら、医院に到着。

片足を引き攣りながら受付カウンターに行き、

問診シートをウンウン唸りながら書き上げ、診察を待ちました。

 

診察の結果、痛風の疑いがありますと言われました。

痛風?

聞いたことはありましたがプリン体やら、尿酸が関係しているとの話は知っていましたが、

まさかこんな激痛が走るものとは。

血液検査をして尿酸値は6.5と低かったのですが、

炎症反応が出ていることから痛風でしょうと診断されました。

 

通風発症時は尿酸値は一時的に下がるんです。

発症時は通風の投薬治療は出来ないんです。

通風は投薬を始めたら毎日飲み続けないとまた発症します。

食生活が悪いです。

毎日適度な運動してください。

お酒は控えてください。

カラダが警報を鳴らしてくれたんです。

などたくさんの忠告を頂きました。

 

それ以来、その嵐は度々私のもとを訪れては、数日間警報を鳴らして過ぎていきます。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL