運動部女性の痛風体験

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

20代女性ですが、お恥ずかしながら、痛風の激痛を体験してしましました。

最近では女性の痛風も増えているようです。

 

痛風は男性の年配の世代だけだと思っていたのに、

自分がなってしまった時の恥ずかしさと言ったらありませんでした。

 

もともとその時期には、会社の柔道の運動部に所属していたこともあり、

毎週のように激しい練習に参加していました。

運動することでお腹が減り、食欲も旺盛だったため、

練習後に仲間とよく唐揚げやウインナーをコンビニで買って食べていました。

また、練習がない日には外食に出かけ、

ラーメンややきにくといったこってりしたものをたくさん食べていました。

 

女性でしたが体が強い仲間に恵まれていたので

たくさんお酒も飲んで騒ぐのがたのしかったことを覚えています。

当然体重もかなり増え、女性で160センチの66キロという巨体でした。

 

そのうちに、なんとなく足の関節がむずむずするなあと思い始めました。

なんとなく全身熱っぽいのです。

それは柔道の練習によるものだと思っていましたし、

足の指の根元をゆるく締め付けられるような圧迫感を感じていましたが、

それも練習のしすぎでちょっと疲れがたまっているのだと思っていました。

しかし後で調べたことによれば、これらは痛風の初期症状です。

 

痛風の痛みの原因は尿酸で、これは体内で古い細胞が分解するときに出てくる物質です。

つまり、尿酸は体の中にある老廃物なので、早急に排出されるべきものですが、

腎臓の働きがうまくいっていない時に体内にたまってしまうのです。

たまりに溜まった尿酸が針のような結晶になり神経を刺激します。

これが痛みを引き起こします。

 

尿酸がたまっているとき、体の関節がむずむず、ぴりぴりしてきます。

または、骨をどこかにぶつけたような鈍い痛みを感じることもあります。

これも痛風の前兆です。

 

そしてある日、足の指がえぐられるような痛みを感じ、骨折だと思って医院を受診しました。

そこで、「これは痛風だね」、と言われてしまったのです。

 

私が感じていた足のむずむず感は痛風の前兆だという事でした。

この前兆を感じてから6時間か12時間後に本格的な痛みの発作が起こることになります。

 

対策としては、コルヒチンという内服薬があります。

コルヒチンは、痛風の前兆を感じた時に飲む薬です。

前兆の時点でコルヒチンを飲めば、発作が抑えられます。

しかし、一度発作が起こってしまえば、コルヒチンを飲んでも効果はありません。

初期症状の時点限定の薬がコルヒチンです。

 

私は今では時々感じるむずむずに敏感になり、コルヒチンを飲むようにしています。

また、暴飲暴食を控えて、体内の尿酸が減ってくれるのを祈っています。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL