遺伝かもしれない痛風

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

うちの家族は私を含めて男は3人いて、父と兄が痛風です。

やはり女性には出ていないらしく、遺伝だなあと家族でよく話しています。

 

最初は兄が痛風になりました。

当時の兄はとても不規則な生活を送っていて、

食生活も毎日ビールをたくさん飲んでかなり太っていました。

 

聞くところによると、いきなりではなく何年か前から足のくるぶしのあたりが痛くなっていたそうです。

それでもすぐに治ってしまうので特に気にすることもなく、

痛風というものも知らなかったので変わらない生活をしていたところ、

ついに激痛となったそうです。

 

なんだかわからないのでとにかく痛い足をひきずったまま病院へ行ったところ

痛風と診断されたそうです。

 

それから数年後に今度は父が痛風となりました。

同様に毎日たくさんのビールを飲んできたことが主な原因だと思われます。

それと深夜によく味の濃いラーメンを食べに行っていて、

毎回スープも全部飲みきっていたそうでそれも影響したかもしれないと言っています。

 

やはりとにかく言葉にならないくらい痛かったそうです。

痛風になった時にはいつも薬を飲んで抑えています。

 

ここ数年でビールにもプリン体オフなど色々なタイプが発売されるようになりました。

昔はお酒と言えばビールが一般的でしたが、

その世代の人たちがたくさん痛風になったのだと考えられます。

兄が痛風になったのは二十代なので、若いうちから気を付ける必要がありそうです。

 

うちでもプリン体がほとんどないようなビールに変えています。

それから定番ではありますが、なるべく卵やレバーなどを避けるようにしていて、

そうするとやはり痛風になりにくくなっています。

一度本格的な痛風になってしまうとまた再発しやすくなる、と兄は言っています。

 

私も気を付けないといけない、と思いつつもマイペースで生活をしていたところ

数年前に「痛風かもしれない」という痛みを足に感じました。

「本当の痛風は最初の頃の痛みとは比べ物にならないほど痛い」と聞いているので、

それからはビールから何から食生活に気を付けるようになりました。

定期的に運動もして肥満にならないように気を付けています。

 

ある時に血液検査を受けた所やはり「いつ痛風になってもおかしくはない」

とお医者さんから言われるほどの数値になっているものがありました。

これはもう生まれつきの遺伝なのだなあ、と観念して本格的な痛風にならないように

ずっとやっていくしかないと現在では思って気を付けています。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL