40歳で痛風発症!必見、痛風発作を起こさない賢い尿酸コントロール

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

私は50代後半の公務員です。

贅沢病と言われている痛風ですが、今ではごくありふれた生活習慣病の一つです。

しかし、一度あの痛風発作に襲われると、今度こそ生活習慣を改めなければならないと、

大きな後悔と決心をします。

 

今回は、私の痛風経験と克服するために努力したことや

尿酸値のコントロール方法についてお教えします。

 

 

【痛風発作の原因は】

私は40歳で痛風発作が起きました。

朝起きた時に、足の親指の付け根が赤く腫れ、激痛がありました。

この時は尿酸値のことなどノーマークで痛風の存在さえ知りませんでした。

 

激痛があった翌日に病院に行き、医者から痛風のことを教えられました。

この頃は、中間管理職として激務の毎日でしたし、

運動もせず大好きなビールを毎日飲み、焼肉、焼き鳥をよく食べていました。

体重も77kgと若い頃より10kgオーバーでした。

発作の原因は、暴飲暴食とストレス、運動不足といったところでした。

 

 

【尿酸値を下げるために努力したこと】

痛風発作が起きてからは、尿酸値を意識する生活になりました。

医者からも尿酸値を下げるアドバイスをもらいましたが、自分でもネットなどでいろいろと調べました。

 

40代で取り組んだのは、水ダイエットでした。

水を1日2~3リットル飲みました。

食事前にも水を飲み、水で満腹状態にしてカロリー制限もしました。

水を大量に飲むことでダイエット効果があり、半年ほどで7kg痩せました。

40代は体重の増加を抑えることで痛風の発作は起きませんでした。

しかし、健康診断での乳酸値はいつも危険水域の7.5~8.0の間を行ったり来たりの状態でした。

 

 

【痛風発作が起きやすい時期・時間】

50歳で管理職になり単身赴任生活が始まりました。

ここでまた、生活が不規則になり、偏った食生活、アルコール、運動不足で痛風発作が起きました。

1回目と同じく、朝起きた時に親指の付け根の腫れと激痛でした。

私の場合は、生活環境や仕事が変わる時期にストレスが溜まり発作が起きると思います。

そして、時間は朝、体内の水分が脱水している状態の時だからだと思います。

 

 

【賢い尿酸値コントロール】

2回目の痛風発作が治まってから、私はランニングを始めました。

それと、定期的に医者に行き、尿酸値を下げる薬を処方してもらいました。

ランニングは今でもずっと続けています。

ランニングのおかげで体重は65kgを維持しています。

 

尿酸値をコントロールするには、ランニングのような有酸素運動が効果的です。

ゆっくりとしたスピードで長い時間走ることで体脂肪がたくさん燃焼され、

尿酸値のコントロールにも大変良いですし、ダイエット効果もあります。

 

そして、食事療法も大切ですが、私は薬でしっかり尿酸値をコントロールすることにしています。

定期的に医者に行き、尿酸値を測り、薬を処方してもらいます。

いつも、ちょっと多めにもらいストックしておくようにしています。

ストックした薬は、忙しくて医者に行けない時に飲んでいます。

 

ランニングで汗をかくので、プリン体0のビールを毎日、飲んでいます。

アルコールは適正量をオーバーしないように気をつけています。

焼肉や焼き鳥、魚卵等も普通に食べます。

好きなものを我慢するストレスの方がまずいと思っています。

 

今のところ、薬を飲み続けているので尿酸値はコントロールできています。

 

 

【まとめ】

痛風発作の原因や対処法は人それぞれです。

一度、発作を経験すると、尿酸値とは長い付き合いになります。

食事療法に気を配り、アルコールを制限し、カロリーも制限していてはストレスが溜まるばかりです。

運動を楽しみながら、好きなものを適量食べて、飲んで、

尿酸値をコントロールすることができれば上出来ですね。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL